最近のベビー服、事情について

最近のベビー服の多種多様性には驚かされます。昔から、あんなに種類があったのだろうかと考えてしまうくらいに多く、実際買う立場になると、とても迷ってしまいます。ベビー関連の本、雑誌を読むとベビー服を含め、何を買えばいいかが詳しく書いてあり、さらに出産月によっても買うもののリストアップがしてあるのには、頭が下がります。お店に行けば、いくらでもかわいいベビー服が売られていますが、よくよく考えるとベビー服の賞味期限は短いもの。そこはやはり、うまくやりくりをしたいところでもあります。お金は、違うところでも色々かかります。一番に思いつくのは、友人、知人におさがりを貰うことでしょう。赤ちゃんは、約3か月ぐらいでワンサイズ大きくなると言われています。つまり、ワンサイズ、約3か月しか着れないということなのです。

もちろん、どうしても欲しいものや、二人目の子供に着回すからなど理由があれば違うでしょうが、やはり賢くやりくりをしたいと思うのが人の性ではないでしょうか。そして、ベビー服で一番揃えておきたいのは、下着です。最初の二か月ぐらいは、寝ていることが多いですし、うんち漏れなどによって一日に何回も下着を変えることがあるからです。小さいし、洗濯すればすぐ乾くからと最低限で揃えていても産後のママの体は、出産と育児で疲れがたまっています。すぐ出来ると思っていたことが出来ないのが現状です。なので肌着は、少し多めに用意しておくと安心です。暖かい時期でしたら、肌着だけでも十分ですし、肌寒い時期でも、おくるみやタオルケットを掛けておけば十分です。ママの体調が回復するだろう約三か月経てば、赤ちゃんも首がすわり、外出もしやすくなります。そのころは、またサイズも変わるので一緒にお店に行き色々見て回るのは楽しいと思います。後は、リサイクルショップや、インターネットオークションを利用することです。最近は、新品同様のものも多くなかなか侮れません。気を付けなければいけないこともあるでしょが、うまくやれば格安でブランドのベビー服を手に入れることも可能です。

もちろん、ベビー服以外も売っています。お店で買うだけでなく、今は色々手段がありますので、賢く使い分けまたは、使用するのが良いかと思います。赤ちゃんは、存在自体、そのものが可愛くかけがいのないものです。シンプルな肌着一枚でもその可愛さに誰もが納得するでしょう。何が必要か冷静に考え、賢く選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)