ベビー服は汚れても気にしない素材の物を選ぶとストレスが少なくて済む。

赤ちゃんが着るベビー服は汚れる事を前提に選択する事がベストではないかと思います。母乳やミルクを飲んでいる時の赤ちゃんであっても、特に健康に問題がなくても量の関係などで急に吐く事もあります。まだまだウンチなどもゆるい事が当たり前な為、漏れてしまう事も想定できます。白いドレスなどを着せると赤ちゃんはとても可愛いですが、お祝い事などで着るような服は別にしておき、普段よく着せるような服はある程度汚れの目立たない物を選択しておく方がストレスが少ないのではないでしょうか。それは新生児から少し大きくなった赤ちゃんにはより一層大切な事になります。汚れない対策を他にも立てる事は当然ですが、ベビー服は本当によく汚れます。しかし敏感肌の赤ちゃんなどの場合は漂白剤などが使用できない事も考えておかなければなりません。

離乳食が始まると、まずは食事でベビー服は汚れる事になります。この時、汚れる事ばかりを気にしてイライラしていると後にもっとイライラしてしまう事になってしまいます。赤ちゃんは汚す事が当たり前であると予め知っておけば、無駄なストレスはかかりません。大人のように行かなくて当然なのです。大人であってもふとした拍子に服を汚してしまったり食べ物をこぼす事はよくあります。しかし大人の場合は直ぐに自分でふき取ったり洗ったりなどの対策を立てる事が可能になっています。しかし赤ちゃんの場合はそうはいきません。まだまだ言葉で通じ合うには時間がかかる為、汚れている事などに気付いてもお母さんに知らせる方法が中々ない場合もあります。その間にも、直ぐに洗えば目立たなかったであろう汚れがどんどん染み付いてしまう結果になります。ハイハイをし始めた赤ちゃんは、更に服を汚す原因を作ります。ちょっと目を離すとカラーペンなどで色々な所に模様を書いてしまう事もあります。動き回る事によって排泄物がオムツから漏れてしまう可能性も高まります。汚れるからと言ってベビー服の枚数を余り揃えていないとかなりのヘビーローテーションになってしまいます。

多少勿体無いのは承知の上で、やはりある程度の枚数をそろえておく事も大切です。子供は直ぐに大きくなってしまう為、友人や知人とベビー服をシェアしたり、オークションなどを賢く活用すると良いでしょう。汚す汚さないには個人差がある為、一概には言えない部分もありますが、やはりある程度汚れの目立たない色を選んでおいた方がストレスが緩和されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)