ベビー服の賢い揃え方

赤ちゃんが生まれることになった時、まず思い浮かぶのはベビー服やベビーグッズを揃えることだと思います。少しベビー用品売り場に行っただけでわかることですが、ベビー服は小さくてデザインもとても可愛く、またいろいろなバリエーションがあるものです。しかし、以外に高額なものも多いですから、目についた端から買い求めてしまうと大変なことになります。勿論予算が許せばそれも良いのですが、赤ちゃんにかかる費用は服以外にもいろいろですし、将来の教育費にも備えなければなりませんから、手当たり次第というのは難しいでしょう。また、赤ちゃんと一口に言っても、生まれた時点で特に問題ない大きさの赤ちゃんでも2、500グラムの子もいれば、4、000グラムの子もおり、買った服によってはまだ着られないとかもう着られないという場合も少なくないのです。

例えば新生児用の50センチサイズの服だと、着られないか、着られても数週間という赤ちゃんも珍しくありません。ではどのように揃えるのがいいかというと、一番は早い内に沢山買い過ぎないことです。赤ちゃんは健康な子でも、生まれて数日は入院しますが、その間は病院の服を貸してもらっていることが殆どで、両親の用意した服を着るのは退院の時が初めてになります。ですから、まず用意するのは肌着とベビー服数枚ずつで充分です。それ以上の服は生まれてきた赤ちゃんの大きさやその後の成長具合、気候や行事予定などを考慮し、必要に応じて少しずつ買い足していくと無駄がありません。しかし赤ちゃんはミルクの吐き戻しやオムツから漏れたウンチなどでとにかく服を汚すもので、1日に何回でも着替えが必要になることもしばしばです。最初に用意するのが数枚では不安に感じられる人も多いでしょう。当然すぐに買い足さなければいけなくなると思います。この時代、365日、夜遅くまで開いているお店は多いですから、産褥期で動けない間は家族にお願いして買って来てもらってもいいですし、ネット環境があれば24時間ショッピング可能な通販もとても便利です。特に通販はリーズナブルなものや高級品まで価格帯も様々ですし、種類も豊富です。

独自のブランドを打ち出していているショップもあります。実物を見られないというリスクはありますが、商品のレビューを活用すればリスクは回避出来ます。産前の余裕のある内にデザインを決めておいて、赤ちゃんに合わせたサイズで注文するという方法も効率的です。無駄なく賢くベビー服を揃えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)